クラエス公爵家の一人娘であるカタリナ・クラエスは、両親に甘やかされて育ったせいで高慢で我侭な性格になっていたが、

8歳の時に父に連れられて城に出向いたところ、転んで石に頭をぶつけてしまう。

そこで前世の記憶が蘇り、事故に遭って命を落としたオタク女子だったことや、

この世界が事故の日の明け方までプレイしていた乙女ゲーム『FORTUNE・LOVER』であり、自身はヒロインのライバルだったことに気付く。

そんなカタリナの未来は良くて「国外追放」、最悪「死亡」という破滅ルートしかなく、穏やかな老後を過ごしたい彼女は破滅エンドを回避するために奔走する。

作品名から