一里ぼっちは、幼馴染の八原かいと、中学でクラス全員と友達にならない限り絶交するという約束をしてしまう。

人見知りのぼっちは友達を作ることに苦労しながらも、前の座席の砂尾なこをはじめとして、少しずつ友達を増やしていく。

作品名から