x

お知らせ

新型コロナウィルス発生の影響で、工場の稼働停止や移動規則による物流停止などが発生します。 ご注文商品がしばらく入荷や発送出来なくなる可能性がありますので、 ご希望到着日やご使用予定日があるお客様はご遠慮ください。

秋葉原を拠点とする総勢3人の小さな発明サークル「未来ガジェット研究所」のリーダーで、厨二病から抜け出せない大学生の岡部倫太郎は、サークル仲間と日々ヘンテコな発明を繰り返していた。 
2010年7月28日、岡部は単位取得のため同期にして友人の橋田至と共に向かった講義会場で、弱冠18歳でアメリカの科学誌に学術論文が掲載された天才少女、牧瀬紅莉栖と出会う。 
しかし、彼はその数時間前にラジオ会館の8階奥で大量の血溜まりの中に倒れる彼女を見ていた。 
そしてそれを橋田へ報告した携帯メールは、何故かその1週間前の日付で受信されていた。 
検証の結果、発明品の一つである電話レンジ(仮)が偶然にも携帯メールを過去へと送るタイムマシンとしての機能を備えていたことが判明する。 
そしてその偶然が全世界の未来を左右するできごとになると、世紀の大発明に浮かれていた岡部自身は知る由もなかった―――。 

作品名から